aplu home

カーテン施工例一覧を見る

  • 葛飾区 M様邸
    葛飾区 M様邸

    ヨーロッパテイストの輸入住宅。 見るからに雰囲気があるリビングルームはマホガニー調のフロアにドライウォールの壁、重厚感も高級感もしっかり。 始めて採寸に伺った時は、思わずうっとりしてしまいました。 カーテンはグリーンのジャガード織、重量感あるダマスク柄のドレープに、上飾りはストレートバランスでシンプルに装飾されています。   M様が当店のあるアリオ亀有店にご来店されたのは2017年の秋の初め頃でした。 イギリスから輸入した生地の中でも、白地のサテン生地の全体にわたってワインカラーの花の刺繍を施したドレープ生地を気に入っていただきました。 しかし、人気があり入荷まで3か月ほどお待ちいただき、12月の末にやっとお届けすることができました。  

  • 松戸市 O様邸 エレガントなインテリア
    松戸市 O様邸 エレガントなインテリア

    <リビング> ドレープ:アプラオリジナル AOD-3262 トルコ ダマスク柄 レース  :アプラオリジナル AOL-2171 トルコ エンブロイダリーレース   リビングには高級感と上品さを兼ね持つ雰囲気を、ということで チャコールグレーの光沢のあるドレープ生地をセレクト。 レースは総刺繍柄でエレガントさをプラスしました。   <2階の各洋室>   それぞれどのお部屋にも掃出窓と3連小窓があり、掃出窓は、カーテンスタイル。 3連小窓は、カーテンと同じ生地の組み合わせでシングルシェード(正面付)+カフェカーテン(枠内)のスタイルに。 生地は、クラシカルな柄で光沢感があり、房付タイバックタッセルをあわせたので上品に仕上がりました。

  • 中野区 A様 裾にボタニカル柄をプリントしてアクセントに。
    中野区 A様 裾にボタニカル柄をプリントしてアクセントに。

    中野区のA様邸では、カーテンとレースを納めさせて頂きました。 なるべくシンプルにというご要望で、最初はドレープ・レース共にシンプルな無地をお選び頂きましたが、 少し華やかさが欲しいということで、裾にボタニカル柄のプリントが入ったレースをご提案させて頂きました。 昼間に風や日光をとり入れると、優しい光と共に華やかな草花が揺らめいて素敵ですね。 今回のように少しの工夫でお部屋の印象もグっと変わります。 ドレープ:アプラオリジナル AOD-3119 レース:スミノエ U-4011

  • 松戸市 S様邸 [間仕切り壁造作とアクセントクロス]
    松戸市 S様邸 [間仕切り壁造作とアクセントクロス]

    松戸市にある戸建のS様邸。 カーテンをご注文された後、追加で子供部屋の間仕切りをご希望されました。 (当社はカーテンだけでなくリフォームも手掛けております) 間仕切りの方法では、ロールスクリーンやスライドパネル、カーテンなどがありますが、 今回は二人のお子様のプライベートをしっかりと確保するという目的でしたので、 壁を造作する方法をご提案させて頂きました。 【Before】     【After (男の子部屋)】 【After (女の子部屋)】 男の子と女の子お一人づついらっしゃるので、各お部屋にはお好みのアクセントクロスを 張り、個性を出しました。 アプラでは間取り変更など、数多くの実績がございます。 お考えの方は、まずはお気軽にお電話にてご相談ください。